有限会社 本澤運送店

特定信書便の取り扱い

specific

私達本澤運送店は、「料金が1,000円を超える信書便物を送達する役務」第三号役務により総務省から事業許可(許可番号総特第38号)を取得した、数少ない特定信書便事業者です。

特定信書便とは?

「信書」とは、はがきや手紙のように、特定の受取人に対して、差し出した人の意志を表示したり、
事実を通知する文書をいいます。(郵便法第4条第2項)
はがきや手紙のほかにも、請求書や契約書、証明書、一部のダイレクトメールなども、
特定の受取人に対し内容を伝えるために送付する場合は「信書」に該当します。
「信書」は通信手段であり、憲法が保障する通信の秘密を保護する必要があることから、

「信書」につうての秘密を侵すことは禁止されています。

また、他人の「信書」の送達事業は、日本郵便株式会社と信書事業者のみがおこなうことができ、

宅配便やメールで「信書」の送付を行うことは禁止されています。

なお、信書便法では「新書」そのものだけではなく、信書の包装及びその包装に封入される

信書以外のものを含めた「信書便物」を単位として、様々な取り扱いを定めています。

信書に該当する文書の例

Copyright (C) 有限会社本澤運送店 All Rights Reserved.